fc2ブログ

七飯アドラー心理学研究会

パセージプラスを終えて

4月10日、「パセージ」のアドバンスドコースである「パセージプラス」、3日間6章のプログラムを無事終えることができた。少し時間をおいて、ようやく学んだことを言語化することができた。

一つ一つの事例を丁寧に扱ったために、時間はオーバー気味であった。次回の課題だなと思う。慣れた参加者が多かったので、事例が豊富だった。扱った事例に即して、テキストの内容の説明ができたので、私もやりやすかったし、みんなもわかりやすかったのではないかと思う。パセージプラス再受講であったり、毎月のエピソード分析練習会に参加している人がほとんどであったりしたおかげでもあった。

実際にコースを動かしてみて、「パセージ」と「パセージプラス」の違いを実感することができた。「パセージ」との大きな違いは、「親の側がしっかりと伝えたい願いを持つ」ということだ。マニュアルに書いてあることが思い起こされる。曰く『パセージは「願いすぎる親」を前提にしています。パセージを受けて、「願いすぎない親」を通り越して「願わない親」になってしまう場合があります。パセージプラスでは、上手に願う方法を学んでほしいと思っています。』

例えば、親の側に、「ある年令を過ぎたらお金の管理を自分でしてほしい」、「今手が離せないので買い物に行ってほしい」、「洗濯ものを出すときに洗濯しやすいように靴下を表にしておいてほしい」などという願いがある。パセージなら、まず相手の意向を聞くことからはじめる。パセージ慣れしている人は、つい最初から開いた質問をしたり、それをするのとしないのとの選択肢を与えたりしてしまいがちになる。いえいえ、「『パセージプラス』まできたのだから、まず親の願いを伝えてみましょうよ」と参加者を勇気づける。

特に「大切な話しをする」「(限界を設定し)選択肢を与える」のページで、この「親の願いを伝える」ということを強く意識することができた。まずストレートに伝えてみて、その反応を見て、お互いに意見をやりとりしながら妥協点を見つけていく。もちろん、一貫して冷静な対応できるだけの親子関係ができていることが前提になっている。親子関係が育っていなければ、関係を悪くしてしまう危険がある。だからこそ「パセージプラスの劇薬」と言われているのだ。逆に、このページを実践できたら、親子関係が、「パセージレベル」から「パセージプラスレベル」に成長しているという証になると言うことだ。「パセージ」の実践をていねいに積み重ねたうえに、「パセージプラス」が成り立っているのだということがよくわかったページであった。

「親の願い」と言うことを少し考えてみる。もちろん、その願いは親の「私的感覚」から生まれてくる。「願いすぎる親」というのは、自分の「私的感覚」に盲目的に従ってしまっている親だということができる。だからまずパセージプラスでは、徹底的に親の側の「私的感覚」を言語化しようとする。「言語化」してはじめて、その願いを相対化することができる。「パセージ」ならば、「子どもに願いをかけるのは親の課題だが、その願いを受け入れるかどうかは子どもの課題だ」と言うであろう。そのことが胸の内にしみていって、そうして、「願いすぎる親」でもなく、「願わない親」でもなく、「上手に願える親」になれるのだと思う。

結局、アドラー心理学は子育てや教育を通じて何をしようとしているのか?もちろんそれは、子ども達に「共同体感覚」を育成しようとしている。「願いすぎる親」はもちろん、「願わない親」では、「共同体感覚」を子どもに伝えることはできない。「パセージだけではアドラー心理学ではない」というのは、「パセージ」には「共同体感覚を伝えるすべ」が書かれていないからだ。もっとも、「パセージ」はその準備状況を作っているのだと言える。「パセージプラス」に至ってはじめて、「共同体感覚」が正面から取り上げられる。まず、親がエピソード分析を通じて、自分の「私的感覚」を言語化すること。言語化することで自分の願いを相対化することができる。親が自分の願いを相対化したとき、ようやくその願いが、「共同体感覚」に沿っているのかどうかを冷静に判断することができる。

「パセージプラス」が求めているのは、子どもに伝えようとする願いが、親の「私利私欲」だけからきているのかどうかをまず見極めること、その上で、「共同体感覚」に沿っているなら、「上手にその願いを子どもに伝えていく」ということなのだと思う。「ある年令を過ぎたらお金の管理を自分でしてほしい」、「今手が離せないので買い物に行ってほしい」、「洗濯ものを出すときに洗濯しやすいように靴下を表にしておいてほしい」と言う願いは、よくよく吟味してみると、単なる「私利私欲」ではなく、十分に「共同体感覚」に沿ったものだと言えるだろう。ならば、「パセージプラス」の技術を使って、それを「上手に子ども達に伝えていこう!」ということだ。

「パセージ」の実践を積み重ねた上に「パセージプラス」へ進む。「パセージプラス」に至ってはじめて、本格的な「アドラー心理学に則った育児」が始まるといえる。このシステムは本当によく考えられ、よく練られたものだと実感した。今後ともこの地で、「パセージ」「パセージプラス」を広げる活動を地道に続けていきたいとあらためて願うことができた。(高柳)

fc2blog_20220412204253dde.jpg

スポンサーサイト



別窓 | 報告 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

春の使者

いつのまにか、福寿草が満開。着実に季節ば巡る。

2022040220202115a.jpeg

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

パセージプラスで学ぶ

パセージブラス、念願の自前の開催。我ながらしっとりと進んだと思う。

パセージブラスのポイントの一つは、エピソード分析。昨年4月から毎月、エピソード分析の練習会をしてきた。その成果をしっかり味わえたセミナーとなった。

体験者のエピソード分析は、事例提供側の見通しがあるのでサクサクと進む。仕上がったエピソードを使って、テキストと照らし合わせて説明していくので、説明する側もやりやすいし、初めて経験する人にもわかりやすかったし、経験者には良い復習になったのではと思う。

リーダー側にも、たくさんのエピソード分析の経験があるので、見通しがつきやすい。気持ちに余裕があるので、しっかり時間配分にも気を配ることができた。

一つ学んだことがあった。パセージブラスとパセージの違い。「大切な話をする」の中で、あるメンバーさんの「思春期を迎えた子どもとこれからのことを話し合いたい」と言うテーマを取り上げた。どんな問題意識かを聞いていくと、子どもの答えを待って、それに対して一緒に考えていきたいというお話であった。なるほど、パセージなら、その姿勢が正解。

パセージプラスでは、こちら側がある伝えたいものを持つ。メンバーさんと少しやりとりして、「自分の財布を自分で管理する」に落としこんで、その後みんなで具体的なシナリオ作りを行った。こちら側が、親として伝えたいことを待ち、なおかつそれを上から押し付けるのではなく、終始横の関係を保ちながら伝えていく。親側にもしっかりとした腹の括り方が必要であり、かつ成功の鍵は、その時の親と子の関係性にある。

後でやってみた経過も聞かせてもらってた。本人がびっくりするほど、子どもが真剣に受け止めてくれて、日にちを置いてちゃんとお返事をくれることになったのだ言う。

受け入れられる、断られる、妥協点を見いだす。ある結果が出るまで、終始横の関係で話し合っていくためには、親子関係が相当成熟している必要がある。幸い今回のメンバーさんは、丁寧にパセージの実践を積み重ね、思春期に入っても、とても良い親子関係を築けている。

結果うまく行った。うまく行ったことが、逆に親子関係が成熟していることの証になっていると言える。野田先生が、これを「パセージプラスの劇薬の一つ」と言った意味が深いところで納得できた。

リーダー側には、メンバーさんの親子関係が成熟しているのかどうかを見極める力が求められるものと思う。グループセミナーのいいところは、こうして、メンバーだけではなくて、リーダーも、メンバーの実践からのフィードバックを受けて学べるところだ。

次の回も楽しみになってきた。

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

勇気づけ特講に参加して

先日(12/5)青森で行われた「勇気づけ特講」に参加してきました。

そこで、学んだことはなにか?

★「子どもに対しては、『パセージ』が勇気づけになり、大人に対しては、『エピソード分析』が勇気づけになる」★

 『勇気づけの歌』第9節に、『繰り返されるなら知ってやっている』とあります。ここを読んで、どんどん連想が膨らんでいきました。
 先日、地元のパセージフォロー会で、自分とパートナーとのエピソードを取り上げてもらい、なるほどと思える代替案を作ることができました。ところが、しばらくして、また同じようなできごとがあって、やっぱり「カチン」ときました。こうすればいいんだなと分かっているはずなのに、またやっている、まさに『繰り返すなら知ってやっている』のです。
この「知って」いるのは、意識なのか、無意識なのか?意識は、「代替案=新しいやり方の方がいい」ことを知っています。一方、感情の動きを見ると、体は「もとのパターン」を続けようとしています。感情や体は、無意識が支配しているので、無意識の方は「古いやり方の方がいい」ことを“知って”いて、古いやり方を続けようとしているということだと思いました。
 一体何がいいというのだろう?それは、「自分を守るため」。もともとが、どんなエピソードだったのかというと、パートナーからある仕事を振られる。それをやっている途中に、さらに「これもやって」と頼まれる。「えっ、いまこれやってんのに!」と心の中で叫び、その体の感じのままで、「今大事なところだから!」と強い口調で言ったり、「うん」と言いながら聞き流したりというリアクションをしてしまう。パートナーは別に私を責めるつもりで、次々仕事を振っているわけではありません。だから、こちらもカチンとくる必要はなく、「うん、今これが一段落したらね」とフラットに言えばいいだけなのに。無意識は、ちょっと感情的になって、やや反抗的になることを選んでいます。おそらく、「今、ちゃんと仕事をしているんだよ!」ということを相手に強くアピールし、自分の所属を守ろうとしているのだろうと考えました。それが、これまでの人生の中で培ってきた、自分を守る方法であり、慣れ親しんだパターンなのだと思います。

 講義の中で、「勇気とは何か?」「勇気づけとは何か?」ということが再三問われました。今なら、「勇気とは、小さい頃からの条件付けに縛られずに、共同体に貢献的な行動を選択すること」、そして「勇気づけとは、共同体に貢献する方向への行動を選択できるように、無意識と意識に働きかけること」だと答えるでしょう。私たちは、小さい頃から、環境との相互作用の中で「自分」を作り、「自分を守る」ためのスキルを身につけていきます。環境とは、おもに他者、親をはじめとした人的な環境であり、その中で、自分の所属を確保するためのよりよい方法を学んでいきます。はじめは、さまざまな方法を試行錯誤していますが、そのうちある一定のパターンを獲得し、無意識の中に落とし込んでいきます。それが、「無意識的な条件付け」となって、大人まで持ち越されます。普段は、それでうまくやっていけるのですが、時にそれがトラブルを起こすもとにもなります。
 
 「無意識的な条件付け」から逃れて、他者と協力的な人間関係を結ぶ方向に進むために、何をすればいいのか?子どもへのアプローチと大人へのアプローチは、少し違うように思います。
 子ども達は、発達途上にあり、いままさに、様々なことを貪欲に吸収しているところです。そこでは、学びの環境が重要です。良い環境とは、「人との相互作用の中で、協力的なやりとりを学んでいくことのできる環境」です。親(あるいは、保育師、教師など)に子どもとの関わり方を学んでもらい、その関わりの中で、子どもに「共同体に貢献する方向への行動を選択できるような行動様式を学んでもらう」こと。これは、まさにパセージがやっていることです。日々の暮らしの中で、人と協力しながらやっていくスキルを身につけてもらい、それを無意識的な条件付けに落とし込んでいくことができればいい。だから、子どもに対しては、パセージが勇気づけとなるのだと思います。
 一方、大人は、新しい行動様式を学び直すのが難しい。『勇気づけの歌』27節に、『隠れた目標意識にのぼらせて』とあります。まずは、自分の隠れた目標を言語化すること。エピソード分析の中で、再三やっているのはそのことです。「仮想的目標」を言語化し、その背景にある「私的感覚」を言語化し、自分の「癖」(行動様式)をはっきり自覚する、それがはじまり。今まで慣れ親しんだパターンから外に踏み出すには勇気が必要です。自助グループの中で、仲間からたくさんの勇気づけをもらいながら、新しい代替案を試します。新しい行動に対して相手役のいい反応がかえってくれば、自分を変えていくモチベーションが高まります。それを繰り返している内に、次第にそれが、新しい行動様式として定着していきます。だから、大人にとっては、エピソード分析が勇気づけとなるのだと思います。

 アドラー心理学は深層心理学です。人は、意識(理性)だけでは変われません。自分のエピソードを頭に置きながら、二日間の講義と演習を受けたことにより、アドラー心理学が、意識だけではなく、無意識に対しての働きかけを重視していることがよく分かりました。特に、「パセージ」と「エピソード分析」が、単に言葉で知識を深めるだけのものではなく、意識と無意識のまるごとを射程に置いて行動変容を進めていく方法として活用できるものなのだと言うことを学ぶことができました。

講師の大竹先生、準備してくれたアドラーギルドの皆さん、そして、いっぱいいろんなお話を聞かせてくれ、刺激を与えてくれた参加者のみなさん、ありがとうございました。
別窓 | 報告 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

日本アドラー心理学会に参加して

10月15~17日に高松で行われた日本アドラー心理学会に参加してきました。

総会は野田先生の追悼式から始まりました。とても厳粛な追悼式でした。特に、文子さんの弔辞に深く胸を打たれました。野田先生の寝言の話が印象的です。誰かに向かって喋っている様子で、後で文子さんが伺うと、夢の中で「みんなが話を聞きたいと言うのだ」とおっしゃったというお話でした。アドラー心理学をみんなに伝えようという思いを最後まで持っていらっしゃったということが伝わってきました。

野田先生のお話は、何度でも、いつまででも聞いていたかったと思います。お釈迦様の弟子たちが、話を聞きたいと願ったように。もう生の野田先生のお声は聞けないけれど、今はライブラリであらためて聞くことができます。補正項も残っています。そしてアドレリアン掲載の論文も。野田先生は、今も私たちのそばにいます。そして私たちに大きな宝の山を残してくれました。残りの人生をかけて、味わい尽くしたいと思いました。

文子さんのあいさつの中の「この追悼式を企画していただいたおかげで、野田先生も、アドラー心理学会としっかりお別れができました」と言う一言が、とても印象に残りました。残された私たちにはいろいろな憂いはあるけれど、野田先生はすっきりと旅立たれたのだなとあらためて思いました。

総会には、やや緊張して参加していました。事前の掲示板でのやり取りから、荒れることを予想していましたが、意外に皆さん大人の対応でした。役員選挙規定に関しては、議案そのものは否決されましたが、意見のやり取りの中で、こちらの言い分の正しさが明らかになりました。向こうも弁護士を立てて準備したにもかかわらず、川尻さんの見事な誘導で、昨年の選挙に瑕疵があったことを認めた形になったのが良かったと思います。

一日目のシンポジウム、「エピソード分析、さらにその先へ~ライフスタイルtの成長を目指して」。まさしく野田先生の追悼にふさわしいシンポジウムになりました。三者三様に、エピソード分析によってどのように自分が成長したのか?と言うことが語られました。石川さんの発表の中の野田俊作ライブラリの音声を流すと言う演出が、とても心に響きました。村上さんが、最後に野田先生の遺影に向かって、あらためて誓いの言葉を述べていたのも印象的でした。

発表を聞いていて、エピソード分析の深さを思いました。自分ではある程度扱えるようになったかなと思っていましたが、先日の練成講座で、クライエントに寄り添えなかったと言う現実がありました。そのカウンセリングを今回石川さんが取り上げてくれ、丁寧に解説してくれました。おかげで、自分にとっての課題が、どこにあるのかわかったような気がします。そして、これから、この人たちと一緒に学び研鑽していくことができるのだと思えて、うれしくなりました。今後の学びの道筋が見通せたような気持ちです。

二日目、一つ目の演題発表「遊ぶ、働く、話し合う~地域での暮らしの中のアドラー心理学」。まず感じたことは、ずっと私たちがやりたかった子育て支援がそこにあるということです。しかも、私たちの考えたイメージ以上に広がっていました。子どもを対象にするだけではなく、そこに集まる大人たちの成長までが視野に入っているところがすばらしいと思いました。

アドラー心理学の目指す共同体感覚育成の場が、理屈ではなく現実のものとなってそこに存在していました。何より説得力があります。野田先生の共同体感覚に関する考え方も、この10年間で大きく広がり、かつ言葉で明確に語られるようになりました。それをしっかり受け継ぎ、しっかり育て、実を結ばせているところがすごいと思いました。

自分の地域に帰って、次の世代を担う人たちにこの話を伝えていきたいと思います。そして、一緒に協力し合って、今私たちの地域に求められている形で、少しずつでも実現していきたいと思いました。

そして自分たちの発表「治療共同体とカウンセリンググループ」。時間が押してしまったのが少し残念です。でも、エピソード分析の優位性とアドラームーブメントにかける村上さんの熱い想いが伝わったのではないかと思います。やや走りましたが、私が言いたかったこともしっかりお話しできました。

質疑応答や議論の中で、もっと深められたらとも思います。けれども、まずは皆さんに考えるきっかけを提供できたのではないかと思います。学会の中でも、これからも深めて行けたらと思います。少なくとも、アドレリアンに論文として残しておきたいと思いました。

二日目の午後からは、体力温存のために、学会会場を離れました。一日目のシンポ、二日目の二つの演題発表の三連ちゃんで、野田先生の残した理論、思想、技法の高まりをしっかりみなさんに伝えることができたのではないかと思います。大きな満足感、充実感を抱いて帰路につくことができました。

別窓 | 報告 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 七飯アドラー心理学研究会 | NEXT