FC2ブログ

七飯アドラー心理学研究会

あった!私のできること

日本アドラー心理学会第5回北海道地方会、午後の部。場所は、七飯文化センター。
ブレイククエッションズを使ったワーク「みつけた!あなたのストレンクズ。あった!私に出来ること。」

今回の売りの一つは、学会・書籍コーナー。チームを作って、学会を身近に感じてもらうには?と創意工夫を出し合った。
BTQワーク12

まずは、ホームページコーナー
アンケートを用意し、シールを張ってもらう。
 〇日本アドラー心理学会HPを利用されていますか?
 〇日本アドラー心理学会HPが改定されるのをご存じですか?
 〇北海道地方会HPを利用されていますか?
iPad、ノートパソコンを持ち込んで、その場でHPの宣伝をする。

書籍コーナーには、おすすめの書籍に、一言ずつ手書きコメント。
BTQワーク02 

学会宣伝ボード。
会員たちに、HPや書籍を利用してよかったことを書いてもらっている。
そして、10月の千葉総会の宣伝も忘れない。
BTQワーク13 BTQワーク14

始まる前に、みんなで眺めている。当日二人の方が入会してくれた。
BTQワーク01

さて、いよいよ午後のワークの開始。
なんと、この日は、ブレイクスルークエッションズ開発者の野田先生にもおいでいただくことができた。
しかも、グループメンバーとして参加していただいた。
緊張するやら、ありがたいやら・・・同じグループになったメンバーにはまたとない機会となった。
BTQワーク03 BTQワーク10

半年間、練りに練ってきたワーク。(突破口を開く
今日はその成果を試すとき。

真剣に話しあったり・・・
BTQワーク08 BTQワーク09
BTQワーク15


ロールプレイでは、みんなで大笑いしたり・・・
BTQワーク07 BTQワーク04
BTQワーク05

どのグループも、きちんとエピソードが取れ、時間内に最後までセッションを終わらせることができた。
エピソードの聞き取りから、ロールプレイをし、パセージの子育ての目標を点検する。
ブレイクスルークエッションズを使って、「学んでもらいたいこと」を確定し、代替案をみんなで出しあう。
代替案が決まったら、あらためてロールプレイをして、感想を聞く。

あら、不思議!ちょっと困った出来事が、愛のあふれる物語に変化している。まるで魔法のように。
たかがブレイクスルークエッションズ、されどブレイクスルークエッションズ。
一見簡単なことのようで、とても奥が深いものだということを実感。

何より、パセージ、そしてこのブレイクスルークエッションズを開発してくださった野田先生に、心から感謝いたします。
日本の、ひいては世界のアドラームーブメントが、後世に大切に残していく宝物だと思います。

最後は、みんないい顔で記念撮影。これからの北海道でのアドラームーブメントの発展が楽しみになる。
お疲れさまでした。
BTQ11-2


スポンサーサイト



別窓 | 報告 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

協力し合ってミッションクリア

日本アドラー心理学会第5回北海道地方会の始まり始まり。(7/21)

午前中は、親子ワーク「人間すごろく~何が出るかな?協力し合ってミッションクリア!」

すごろく09

はるこどもクリニック隣接の「木ねずみ緑地」。植えられた木に、1から40まで番号が振ってある。これがすごろくのマス目。
そして、巨大なサイコロ♪ 
すごろく11 すごろく01

みんな集まって、準備体操から・・・3人で1チームになるよ。
じゃあ、最初はみんなでサイコロ振るよ、「せーのっ!」
すごろく12 すごろく32
日本アドラー心理学会の会長さんも友情参加。ありがたいです♪

サイコロの目にの数だけ進むと、番号札の裏に「ミッション」が。
例えば、「木の枝で名前を作る」、読めるかな?
すごろく02 すごろく03

さあ、何が出るのか、お楽しみ!?
これは、「チームで手をつなぎ目をつぶって、片足立ち、みんなで10数える」
すごろく13 すごろく18

こちらは、「鬼に金棒」。スイカ割の要領で、風船を割る。チームの協力が不可欠・・・・・・あら、残念!
すごろく14
すごろく15
すごろく16
すごろく17

「全チーム参加早押しクイズ!」
すごろく19

「自分とメンバーの良いところを1つずつ言う」アドラーらしいね。みんなも拍手!!
すごろく20

「3人で馬を作り1人乗せて次のマスに進む」・・・もちろん応援隊もOK!
すごろく25

「3人でピラミッド」・・・ピラミッドの形になっていればよい!!それぞれに工夫がある。
すごろく21 すごろく22

ね、ピラミッドでしょっ!
すごろく23 すごろく24

「ビッグチャンス!!お尻合い」、大きなボールをお尻で運んでそのままゴール!!
すごろく26 すごろく27

「チャレンジ!!」、それぞれの持つひもでバランスとりながらのボール運び。まさに協力ゲーム!!
すごろく28
すごろく05
すごろく07
すごろく08
ついにやりました!!

最後は、アドラーのワークとして、「振り返りシート」を記入し終了。
みんな、どんな風に「協力」を学んだかな?
すごろく30 すごろく10
おまけは、地方会チャリティー、ブドウの皮を作った小物。表さんの手作り作品!!

終わりのあいさつは、「どんと晴れ」~めでたし、めでたし。
みんないい笑顔だね。
すごろく31 すごろく29

別窓 | 報告 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

アドラーキャラバン札幌の陣

昨年12月の上ノ国(アドラーキャラバン上ノ国の陣)に続いて、札幌でもアドラーキャラバンを行った。

内容は、
北海道地方区世話人交代のあいさつ
「小児科外来における不登校の子どもへの援助」のシェア(日本アドラー心理学会能登総会の演題発表)
教育講演「不登校の子どもを勇気づける」

新世話人からのていねいなあいさつ
fc2blog_2019012718482933c.jpg

私の発表
fc2blog_20190127184956883.jpg

教育講演は、参加者にその場でロールプレイの配役もお願いし、真に迫った演技で楽しくアドラーの考え方を学んだ。

札幌でも、少しずつメンバーが増えてきている。終わったあとにランチタイムもご一緒し、その場でパセージ開催への希望も語られた。

これからの北海道でのアドラームーブメントの広がりが期待できる催しとなった。

別窓 | 報告 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

解き方を教わる


パセージフォローアップ参加録



「解き方を教わる」



八月のフォローアップではエピソード分析に自分を事例を使い、私的感覚までも

取り扱ってもらいました。



今回は、母と自分とが一致出来る目標を皆と考えて、さらに、自分の私的感覚も明らかにしてもらいました。

そうすると、これまでの母とのエピソードも同じような構造だと気づきました。ならばきっと、これから先も

たいていの問題は解いていけるだろう、うん、大丈夫、生きていける、と生きる力をもらったエピソード分析です。



「エピソード分析」  

<エピソード>

午前9時

私「お母さん、おはよう」

母「おはようさん」

私「見てみて、トマトが完熟してたの。美味しいよ。菊に隠れててわかんなかったの」

 母にトマトを渡す

 母はトマトを食べる

母「美味しいね。味しっかりしてるね」

私「ねぇ。今まで赤くなったら採ってたけど完熟するまでおいておくといいね」

母「畑の土がいいからだよ」-2

私「…そうだね」

母「…」

私「じゃあ行ってきます」±0

母「いってらっしゃい」



エピソード分析は、パセージプラス2-L~3-Lを読み、エピソード分析の手順に沿って進められました。



仮想的目標

「そうそう、完熟トマトは本当に美味しいね」

    ↑

対処行動

「…そうだね」  考え(直接話法)「え~、また人の話聞かないで。そうじゃなくって完熟させたら美味しいねって話!」

    ↑

ライフタスク

「畑の土がいいからだよ」





ライフタスクを決めたら考えを直接話法で言います。自分の対処行動は非主張的です。

仮想的目標では、畑の土と言う母の思いを切っているので自分では競合的だと思いましたが、母の人格は裁いていないので

協力的目標ということにしました。

そうなると、次は、母と私が一致出来る目標を見つけます。

「完熟トマトは美味しい!という話をしてるのっ」→「完熟したトマトを母に味わってもらいたい」

→「美味しいトマトを食べて喜びを分かち合う」

「美味しいトマトを食べて喜びを分かち合う」という一致出来る目標を決めたら対処行動の相談です。

ところが、「完熟トマト」を広げて「美味しいトマト」となると「畑の土がいいから」も含まれることになり、

それまでの陰性感情が消えました。それどころか、「畑の土がいいからだよ」は全く的を得た話です。

新しい対処行動は「そうだねえ、土もいいしねえ~😊」となりました。

新しい対処行動のロールプレイでは母も私も仲間でした。



<エピソード>  母と私が一致出来る目標→「美味しいトマトを食べて喜びを分かち合う」

午前9時

私「お母さん、おはよう」

母「おはようさん」

私「見てみて、トマトが完熟してたの。美味しいよ。菊に隠れててわかんなかったの」

 母にトマトを渡す

 母はトマトを食べる

母「美味しいね。味しっかりしてるね」

私「ねぇ。今まで赤くなったら採ってたけど完熟するまでおいておくといいね」

母「畑の土がいいからだよ」

私「…そうだね」  →新しい対処行動「そうだねえ、土もいいしねえ~😊」

母「…」              「…😊」

私「じゃあ行ってきます」±0

母「いってらっしゃい」



「私的感覚を見つける」

私的感覚を見つけるために直接話法で語った考えを取り上げました。



「え~、また人の話聞かないで。そうじゃなくって完熟させたら美味しいねって話!」

  ↓

+)人の話をちゃんと聞く        -)人の話を聞かない

       ↓ ↓

 +)「そのときのテーマに合った話をすべき」 -)「あっちに行ったりこっちに行ったり話するのはダメ」

この私的感覚についてのキーワードも例えも私にはたいへんわかりやすいものでした。



キーワード 「ストレッチ」「広げる」

例え     「今は猿の話をしてます」ところに「ねえねえ熊って…」となるとマイナス感情が起こる。

       そうしたら「哺乳類の話に広げよう」とすれば、「ねえねえ熊って…」の熊も含まれるでしょう?



母を勇気づける!と臨んでも、マイナス感情は起こり、非主張的に引き下がる、もしくはマイナス感情まま言葉を

続ける、ということに代わる新しい対処行動を学ぶことができました。

マイナス感情が起こったら深呼吸してストレッチ、そして、どっちも含むより大きな目標を探します。

私的感覚を知ることは問題を解決するための強力な力、生きる力になると大変に感動しました。

これだけ学ばせてもらって、勇気づけられて、フォローアップの会費はなんと200円です。

七飯アド研の皆様、一緒に学ばせてもらって、ありがとうございます。      (O.M.記)
別窓 | 報告 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

地方会午後の部

日本アドラー心理学会北海道地方会の午後の部。全体のテーマは「やってみようアドラー心理学」。午後の部はシンポジウム「家族会議への道」。自助グループのメンバーが、家族会議に取り組んだ実践をまとめて発表してくれた。

まずは、2ヶ月間の家族会議の実践の発表。まさに、山あり谷ありの実践報告であった。また家族による取り組みの色の違いも面白かった。
地方会1 地方会2

家族会議の取り組んだときのさまざまな資料をポスターにして展示。家族会議のノートや課題シート、家族で作ったロゴなどが展示され、手にとって見ることができる。口頭発表とあわせて、立体的な報告になった。
地方会3 地方会4

後半、シンポジスト同士、フロアとシンポジストの間で質疑応答や感想を出し合って、議論を深めた。最後に記念撮影、みんなでハイチーズ。
地方会5 地方会集合


終わってから、来年度に向けての打ち合わせ、そしておまけのお楽しみ会。自助グループのメンバーの一人が誕生日を迎えたので、地方会の打ち上げをかねてお祝いのケーキをいただく。
地方会7 地方会8

家族会議は、アドラー育児のひとつの大きなテーマ。地方会での発表を機会に、各シンポジストの家庭で、会議をはじめたリ、再開させたり。実際にやってみて、うまくいかなかったこと、あるいはうまくいったことを、それぞれの自助グループに持ち込んで話し合う。そこで工夫やテーマをもらって、また家族会議をする。その結果をまた自助グループで話し合うというループで実践が進んだ。

それぞれの家族で、家族会議が定着し、家族同士で勇気づけのコミュニケーションが生まれていくのを目の当たりに見ることができた。また、壇上に座ったシンポジストだけではなくて、自助グループでの議論を通して、地方会全体で作り上げた発表になったように思う。

遠く関西から地方会に参加するために来てくれた方々もいて、わきあいあいと、そして、中身の濃い地方会にすることができた。来年度も、よく遊び、よく学びをモットーに楽しく実践を進めることができるといいなと思う。

別窓 | 報告 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 七飯アドラー心理学研究会 | NEXT