七飯アドラー心理学研究会

上ノ国プチパせージ

4月24日、うららかな天気の中、上ノ国でプチパセージが開かれた。参加者は10人、リーダーは佐々木素子氏、お世話係の方も含めて総勢15人とにぎやかな会となった。

プチパ424

はじめてパセージに触れる人、久しぶりの人、はじめは緊張していた方も、進むうちに気持ちがほぐれていった。我が子とのエピソードも進んで披露され、お互いの意見交換も積極的になされ、とてものりのよい会となった。リーダーの上手なリードで、終わった時には、ぜひこの地でパセージを開きたいという話でもりあがった。とんとん拍子に話が進み、その場で音頭を取る人が決まり、連絡先の交換もされ、知り合いにも声をかけることになり、上ノ国パセージが実現することとなった。

なんとお昼はしゃぶしゃぶ鍋!!お世話役の方が、冷たいお弁当では味気ない、鍋にしたらかえって安くつくということで、鍋から、肉から、野菜から、もちろん出汁も、ぜ~~んぶ用意して、もう一方がおにぎりを用意して、ふるまってくれました。
nabe

頭を使った後は、お鍋で和気あいあいと。この人情味がうれしいね。
(きねずみじいや記)

スポンサーサイト
別窓 | 報告 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

パセージフォローの会

4月23日定例のパセージフォローの会が開かれた。

はじめに、前回取り上げた事例の事後報告があった。家族会議が開かれ、家族みんなが積極的に参加し、新しいルールを決めるところまで、しっかり話し合われたとのこと。その後、新しいルールはうまく機能し、子どもも意欲的に関わり、波及効果までついてきたといううれしい報告であった。家族会議の話題でひとしきり盛り上がり、家族会議を開くよい動機づけの機会になったものと思う。
パセージ423

今回、新しい事例を出していただいた。事例をもとに、パせージのテキストを使いながら、みんなでこれからの働きかけの仕方を考えてみた。テキスト10-Lの「子どもに感謝しよう」、テキスト9-L、11-Lの「子どもの話を聴く、1~7」、テキスト10-Lの「子どもを信頼しよう」、テキスト6-L「どんな時に子どもは適切な行動をとるか」などのページが候補に挙げられた。事例提供者の方も、子どもの適切な側面をお土産に、うちに帰って家族会議にチャレンジしてみようという気になられたようすであった。

パセージフォローの会に出るたびに、テキストは本当によく作られているなあということを実感する。

(きねずみじいや記)
別窓 | 報告 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ねこ母さんのアドラー育児日記その1

メンバーさんが、日々のアドラー育児での気づきを日記にして投稿してくださることになりました。
題して「ねこ母さんのアドラー育児日記」
記念すべき第1作目お送りします♪


<ねこ母さんの失敗談①>

はじめまして、ねこ母さんと申します。先日、子どもとのやり取りで失敗をしてしまいました。
息子は9歳、小学校3年生です。彼は毎晩、家族のためにお風呂そうじをしてくれています。

その日はボイラーのスイッチを入れ忘れてしまい、湯船に冷たい水を張ってしまいました。「お母さん!水入れちゃった!洗濯機に移しても良い?」。以前にも同じことがあり、彼は対処法を知っていました。ひたすら水をくみ上げ、洗濯機に移すのです。「バケツないけど、たらいで出来そう?」「うん」。私に助けを求めず、一人でくみ上げて、湯船にお湯を入れ直すことが出来ました。前の経験をちゃんと活かしているんだなと感心しました。

しかし、ここからが、私の痛い失敗談です。頑張って自分の後始末をやり遂げた彼に向い、言ってしまったのです。彼は洗い場、私は脱衣場にいて、向かい合ってしゃがんでいました。

◆私 :「今回のことで何を学びましたか?」
◇息子:「え・・・?別に」( ˙-˙ )(真顔)
◆私 :「え?何か学んだ?」
◇息子:「え?・・・分ってます・・・」(お風呂場のドアを静かに閉める)

完全にシャットアウトされ、なんだかやってしまった感がたっぷりでした。

後になり、彼は話してくれました。「さっき猫のトイレそうじをしていたから、ボイラーのスイッチを入れるの忘れちゃったんだよねー」
 この4月から家族の1人がしばらく家を空けることになりました。彼はその家族がやっていた仕事を引き受けてくれていたのです。頑張った彼に水を差すようなことを言ってしまいました。

ごめんなさい・・・。反省しながら一人パセージフォローを始めました。課題シートを書いて、彼の適切な側面をいくつも見つけました。●責任感がある。●出来ることは自分でやる。●家族の為に働く。●失敗の経験を活かせる。●失敗の責任を取ることが出来る。●感情を使わず冷静に対処出来る。●体力がある。●臨機応変に対応出来る。

テキスト9-L「子どもの話しを聴く」-「1.話を最後まで聴く」。私は子どもの話を十分に聴かず、子どもをうんざりさせてしまったのかもしれません。こんなに適切な側面があったのだから、「何を学びましたか?」なんて問いかけなくてもよかったのだと思います。代替え案で出来るとすれば、3-L「正の注目と負の注目」-「1正の注目」にあるように、子どもの行動に対して私が、喜びや親しさのプラスの感情をもち関心を示すことだったのかもしれません。

エピソードの翌日、自助グループのメンバーにこの話しをしました。メンバーさんは笑いながら聴いてくれました。そして、テキスト29-L「結末についての話し合い」-「3.結末について話し合える年齢と話し合いにくい年齢」を開いてくれました。『10歳以上の子どもに、「そうしているとどんなことがおこるかな?」と結末を予測させたり、「どういうことがわかりましたか?」と結末について整理させたりすると、ほとんどの場合は反発されます』と書いてありました。まさにその通りで苦笑いするしかありませんでした。

 少し落ち込む私に、メンバーさんが話してくれました。「子どもも大人も仕事を持って生活していてとても良いですね。そもそも、アドラー心理学の育児がしやすい環境なのだと思います」。我が家の良いところも見つけてもらい勇気づけられました。

 その夜、私は彼に謝りました。彼はあまり気にしていなかったようですが、「昨日はごめんなさい」と「家族のために沢山ありがとうね」を伝えることが出来ました。

話しを聴いてくださったメンバーのみなさん本当にありがとうございました。

別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

3月パセージフォローアップ感想

3月のパセージフォローアップに事例をだしてくださった方が、感想とその後のお家での様子をご報告くださいました。
ありがとうございます。

★報告ここから★
今回は、6歳の息子が1年程前に家族会議で決めたテレビやゲームをする時間が守られていない事について課題シートに起こして話し合いました。

以前決めたルールは3つ。
1.テレビは1日60分 
2.そのうちゲームは15分 
3.守れなかったら翌日30分。
というものでしたが、テレビ終了のタイマーが鳴り、タイマーを消してもテレビは消せない息子に少々イライラする私。
このルールを決めた当初は、時間を決めないとダラダラとテレビを見てしまうという怖さから決めたものの、今ではその目標は達成されたねというアドバイスを頂きました。

今の目標は決められた時間は守って欲しいという内容にいつしか私も変わっていました。

パセージテキスト33-L「ルールは期限つき」にもあるように、成長に応じて変更・廃止等ルールを見直していく必要があったのだと改めて気付きました。

そして息子が4月で1年生になった事もあり、先日家族揃ってやっと家族会議でこのルールの事を話しました。
すると息子も以前のルール、守れなかったら30分というのが嫌だとの事。
改めてルール変更を相談し、
1.1週間で630分(1日90分計算) 
2.そのうちゲームは20分 
3.時間が余っても翌週には繰り越さない。
という新しいルールが出来ました。
時間の管理方法については、ストップウオッチで計り、テレビ横の壁に一覧表を張り、テレビとゲーム各々何分見たか記入する事となりました。

まだスタートしたばかりのルールなので、家族で試行錯誤しながらの日々になると思いますが、計算好きの息子ならきっと楽しくルールを守ってくれると思いながら、私も一緒に成長していきたいと改めて思った事例でした。

★報告ここまで★

素敵な事例ありがとうございました。

次回のパセージフォローアップは4月23日(土)14:00~16:00
持ち物:パセージテキスト、事例

ご参加お待ちしています。


別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 七飯アドラー心理学研究会 |