七飯アドラー心理学研究会

札幌で、3回目のアドラー心理学会北海道地方会を行った。
 午前の部は、協力を学ぶワーク「アドラブたちの冒険」、
 午後の部は、講義と演習「基礎からわかるアドラー心理学ー基本前提でエピソードをよみとく」

「アドラブたちの冒険」は、自分たちの姿をを見失ったアドラブ村の村人が、、女神さまの導きで冒険に出かけ、様々な困難に出会い、みんなで協力しながら解決していくうちに、自分たちの姿を取り戻すという冒険ゲーム。

地方会1

地方会2

はじめはとまどっていた子どもたちが、次第に物語のなかに入り込んでいく。しっかりとゲームに参加し、積極的に役割を果たしていく。冒険の途中に「協力ゲーム」を織り込み、楽しく遊びながら、「協力」や「貢献」を体感してくれればと考えていたが、案ずる生むがやすし。子どもも大人も楽しく協力を学べたのではないかと思う。

感想の中から:「日々の中で頭ごなしの命令口調にかかわることが多く、日々自生しています。相談する、話し合う、決定権は全員にあるということを改めて学びました。ありがとうございました。」

「基本前提でエピソードをよみとく」は、はじめに基本前提のおさらいをした後、用意した架空のエピソードを使って、「一般的な言い方」と「基本前提に沿った言い方」をグループで話し合って、文章にしていくというワークだ。

地方会3

地方会4

基本に帰って、あらためてアドラー心理学の基礎理論を身に着けるというのがねらいだ。例えば、エピソードを個人の主体性から考える~「私がイライラの感情を使って、子どもに言うことを聞かせようとした」のように。これを個人の主体性、目的論、全体論、社会統合論、仮想論で表現していく。思ったより時間がかかったし、とても難しかったという感想をもらった。3つ用意したエピソードも2つしかできなかった。それでも、4人で話し合いながら、じっくりと基本前提について考えるという貴重な時間を持つことができたのではないかと思う。

感想の中から:「難しいワークでしたが、メンバーの方と、丁寧に考えて出せてとてもよかったです。基本前提を見つけ出す練習を重ねていくと今よりも理解が深まるように感じました。何かの機会でまたやってみたいです。」

毎年コツコツと積み上げていくことが大事だなと思う。

準備に携わった皆さま、参加してくれた皆さま、ありがとうございました。(きねずみじいや記)
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ねこ母さんのアドラー育児日記その4<家族会議3>

<家族会議③>

こんにちは、ねこ母さんです。

先日、第3回目の家族会議が開かれました。
今回の議題は毎年恒例のお花見についてです。

前回の反省点 テキスト32-L「1.期日を決めて会議する」に沿って、
会議の開催日時は家族の同意を得てから開催してみようと思いました。
夕食を取りながら会議の開催提案をしてみました。

 すると、9歳の息子が言いました。
「え~、今日会議出なくても良い?早くお風呂に入りたいんだよね」、
昨日からお友達のお宅にお泊まりに行った息子。
めいいっぱい楽しんだので疲れているとのこと。

そうだそうだ!テキストに書いてあったはず。

32-L「4.家族全員の会議には全員が参加すること」の中に

「どうしても参加できない場合には委任状を出してもらいましょう。
そして、たとえ参加しなくても、会議で決まったことには従ってもらうことを約束してもらいましょう」

とありました。

 「そうか、たくさん遊んで疲れてるんだね、じゃあ、『委任状』って言うのを書いてもらってもいい?決まった通りで良いですって紙に書くの」、
「え~書くのめんどくさい」
そうか、めんどうか・・・。
そうだ。
委任状を書かせるのが目的じゃなくて、
「決まった通りで良いです」に従ってもらえればいいのだから、
「『委任』って言って、『決まった通りで良いです』ってことで大丈夫?」
「うん、良いよ」

 息子の入浴中、他の家族と花見について会議をしました。
出発時間や、持ち物の担当などを決めました。
入浴後、息子が話しかけて来ました「ねえ、お母さん、決まったこと教えて」、
「明日は早いけど6:45出発だよ。
お茶とコップと膝かけの準備はお母さんがします。
シートはおじいちゃんが用意してくれるよ。
行く時にコンビニに寄って食べ物とかを買います。」と伝えました。
息子も納得していました。

 「ねえ、お母さん、決まったこと教えて」って話しかけられた時、とても嬉しい気持ちになりました。
今回、息子は会議の場に居ませんでしたが、
『委任』のシステムがあることで、全員が参加したかのような効果がありました。

 テキストに書いてあることは試してみるものだなぁと実感しました♪
他にも沢山のアイディアが書かれています。
またテキストを読んで会議をしてみようと思います。

 今回の会議での家族の適切な側面を書いておこうと思います。
●自分の体調管理が出来る。
●自分の意見を相手に伝えることが出来る。
●他の家族を信頼している。
●進んで意見を出すことが出来る。
●家族のために仕事を引き受けることが出来る。
●決まったことに従うことが出来る。

♪ねこ母さんでした♪

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

新連載「りんごママのアドラー育児日記」その1【お寝坊事件】

みなさま

こんにちは。

アドラー育児日記の新連載始まります!
パセージフォローアップ皆勤賞の「りんごママ」さんです。
りんごママさん、ありがとうございます。

【その1:お寝坊事件】

小1の息子の朝寝坊エピソードです。

前の晩、いつもは8時台に寝る息子が、その日は9時半を過ぎていました。
「あ~、寝る時間、遅いな~。明日6時に起きられるのかな~?」と心の中で思っていた私。
課題の分離が出来たので、感情的にもならず、本人には何も言いませんでした。

そして翌朝6時。
息子の目覚まし時計が鳴りました。
布団から起きて、目覚まし時計を止める息子。
その後また布団に戻り寝る事数十分。
居間で物音がしてやっと起きて来ました。
いつもならそこからソファーでゴロゴロしていますが、真っ直ぐトイレに行き、母も「ついて来て」と言うので、一緒にトイレへ。
トイレには時計があるので、「今何時?」と息子に冷静に聞いてみました。

そして「明日から8時に寝る為にはどんな工夫が出来そう?」と聞くと、
「帰宅後のランドセルの片付けや明日の準備、宿題をダラダラ時間を掛けてやらないで、25分間で終わらせる。」と言いました。
その後も朝の準備を一通りこなし、朝頼んでいる仕事は残念ながら出来ませんでしたが、7時半の時間通りに「行ってきます!」と言って登校して行きました。

以前の私たち夫婦なら、
「ほら!時間だよ!」
「間に合わないよ!」
「お友達先に行っちゃうよ!」等と言って
、本人を急かしたり、脅したりしていましたが、
そんな事をせずとも穏やかに各々の準備をして、出発する事が出来るのだと、
改めて課題の分離や感情的にならない事の大切さに気付く事が出来たエピソードでした。

この場合も息子の失敗だった訳ですが、
負の注目を与えず、正の注目に関心を与える事によって息子は「能力がある」「家族は仲間だ」と思ったのではないでしょうか。

(りんごママ)

♪♪♪♪

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

6月のパセージフォローアップの報告

みなさま
こんにちは。

6月のパセージフォローアップの報告です。
なんと6月は「パサポム」(パサージュ ポム ド 七飯)さんとの合同開催でした。

開いた質問を使った自己紹介ワークをして、楽しい幕開けとなりました。
7月の大竹優子氏の講演会に参加してくださった方が、
「ぜひパセージも学びたい。」と参加してくださり、
新旧(?)さまざまな顔ぶれで、初めての方もいらっしゃったので、
1-Lから丁寧に確認していく会になりました。

合同開催で学びもいっぱい、楽しさいっぱいでした。

パサポムさん、ありがとうございました。

事例を出してくださった方から報告をいただきました。

♪♪♪♪♪

小1の娘についてのエピソードを出させていただきました。
年齢と共に現れてくる行動があり、当初は性教育講座で学んだことを参考に、子どもへ説明をしました。
人前でしてはいけないことは理解し親の前ではしないことが続いていましたが、最近は親の前でやるようになりました・・。
知識を与えるだけでは足りなかったようです。

皆さんと、話し合い、以下のことが整理されました。

①2-Lー4 不適切な行動で注目を浴びたいという要素もありそう。
  → 私が台所で忙しくしている時に子どもの行動は起こりがち。

②パセージテキストには「不適切な行動をやめさせる」方法はない。
  → 確かにないですね。

③共同の課題にはできない。ごみ箱に「ポイ」するしかない。
  → そういう手があるのか!

④4ーL-2と4-Lー3をセットでやらないと「無視(3-L-3)」になってしまう。
→ 「不適切な行動に注目をしない」ことだけでは違和感があったのですが、
知らず知らずのうちに無視になっていたからなのか、と納得。

 今後は、 4-Lー2「不適切な行動には一切注目しない」ために、
私がマイナスの感情にならないための工夫をしなくてはならないのですが、
皆さんと、
「子どもと楽しかったことを話す」
「明日の用意はできたの~?、と声かけする」
「手伝いさせる」
「スキンシップ」
「音読の宿題をしてもらう」
などのアイデアを出し合いました。

 相談するには少し勇気がある内容でしたが、皆さんに受け止めてもらい、今後の道筋ができました。
フォローアップの場があることは本当にありがたいことです。

また、知識は勿論大事、でも知識があるだけでも足りないことを実感しました。

 その後は台所仕事をしながら、娘の適切な行動を生み出すために、お手伝いを頼んだり話しかけまくっています(笑)。

ところで、
ツイッターで「僕の恩師は、授業中に誰かの携帯に電話がかかってくると、めっちゃワクワクした顔をして『切るな。電話に出て!さあ!』といって隣に腰かけて、通話させる人だった・・・。みんな絶対そんな目にあいたくないから効果は絶大」
との文書を見つけました(少し文章変えてます)。

 これって、3ーLー1 正の注目「プラスの感情をもって関心を示すことで、子どもは進んで適切な行動をするようになる」ことかなーと思いました(変則技?)。
自立(自ら携帯を切る)、
調和(授業の邪魔はしない)、
仲間(恩師ですから)にもつながってます。
この先生ぐらい高度な技を使ってみたいと思い、つぶやいてみました。

♪♪♪♪♪

ありがとうございました。

次回は7月23日(土)14時
会場はいつものところ(はるこどもクリニック)です。
もちもの:エピソード、パセージテキスト

みなさまにお会いできること楽しみにしています♪


別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 七飯アドラー心理学研究会 |