七飯アドラー心理学研究会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

11月パセージ開催決定しています!

みなさん
こんにちは。

11月からの七飯パセージは開催決定しています。
定員まで少し余裕があります。
よろしければ、お問合せお待ちしております。

七飯パセージチラシ完成-1 七飯パセージチラシ完成-2

(ちらしはこちらでダウンロードできます)

【パセージ七飯】
パセージはまったく新しい親子関係学習プログラムです。
あたたかい雰囲気の中で、体験を通じて、本当に信じあい、愛しあう親子のあり方を
身につけていただけます。子どもを叱らないで、勇気づけながら育てるにはどうすれば
よいか。どういう点に工夫すれば自立した、しかも社会と調和できる子どもを育てることが
できるかについて、アドラー心理学にもとづく科学的でハートフルな育児法をご紹介します。

これまでの子育ては「ほめる」ことと「しかる」ことを主な方法にしていました。 
最近は「しかる」方は批判されて「ほめて育てる」というのも流行っています。
けれど、『パセージ』で提案している育児は「ほめない、しからない」育児です。
それでほんとうに育児ができるのか不安に思われるかもしれませんが、日本中、いえ世界中で、この方法で子育てをして、とてもうまくいっています。 キーワードは「一緒に育つ」です。
「親が子どもを育てる」という関係から「親子で話し合って一緒に育っていく」という関係に
気持ちを変えると、ほんとうにびっくりするくらい親子が仲良くなり、しかも子どもは自立し、社会と調和して生きる人に育っていきます。ぜひ『パセージ』に参加されて、
しあわせな親子関係を築いてください。    パセージ開発者 野田俊作

【プログラムと日程】 午後2時半から午後5時まで 毎週土曜日 全8回
2017年
11月 4日 (土) 第1章 子育ての目標
11月 11日 (土) 第2章 賞罰のない育児
11月 18日 (土) 第3章 課題の分離
11月 25日 (土) 第4章 共同の課題
12月 2日 (土) 第5章 目標の一致
12月 9日 (土) 第6章 体験を通じて学ぶ
12月 16日 (土) 第7章 新しい家族
2018年 1月 6日 (土) 第8章 積極的に援助する  (年明けになります)
【リーダー】 佐々木素子 (日本アドラー心理学会認定 家族コンサルタント)
【会  場】 はるこどもクリニック 2階 療育指導室 (亀田郡七飯町本町6丁目7-42)
【定  員】 14名
【受 講 料】 22.000円+テキスト代2.000円 合計24,000円     
【お申し込み・お問い合わせ先】 七飯アドラー心理学研究会

メール passage_08@yahoo.co.jp
F A X 0138-65-0508
T E L 0138-65-0500(はるこどもクリニック内)
メール、FAXにて、以下の内容を明記の上、お申し込みください。
【件名】「パセージ七飯申込み」
【内容】 ①お名前(ふりがな)
②郵便番号と住所 
③電話番号
④メールアドレス
⑤お子さまの年齢、もしくは参加される方の職業

・参加費は当日お支払いいただきます。
・定員になり次第締め切ります。申込みが7名以下の場合は延期します。
・見学・再受講・単発参加についてはお問い合わせください。
・いただいた連絡先は、講座等の案内以外には使用いたしません。
・申込み多数の場合は、0歳から中学生までのお子さまをお持ちの方、あるいは子どもに関わる
お仕事をなさっている方が優先されます。
・託児はありません。ご家族のご協力やご自身で託児のご手配を願います。
ただし、寝んねのお子様や2時間半を静かに過ごせるお子様は同じお部屋に入れます。
お申込みお待ちしています♪  
主催:七飯アドラー心理学研究会


スポンサーサイト
別窓 | 講座 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ねこ母さんのアドラー育児日記その13【失敗談3:「白衣事件NO2】

こんにちは、ねこ母さんです。
先日、学校給食の白衣のことで息子の勇気くじきをしてしまったエピソードを先輩アドレリアンに相談したところ、
衝撃のアドバイスを頂きました。
「白衣は皆が使うもの。
公共の物をどう扱うかを考えるのは子どもの課題ではなく、
家族に課せられた課題なのでは?」ということでした。
学校にまつわること(学業と考えて)は全て子どもの課題だとフォローアップで学んだ後だったので、
白衣も学校にまつわるものとして考えてしまっていました。
しかし、よく考えると、白衣は皆の物ですね。
そうか・・・白衣をどうするかは家族の課題として考えなければいけなくなりました。
さぁどうしたら良いものでしょう・・・。

まず、前回のエピソードには2つの場面がありました
。1つ目はランドセルから白衣を発見した場面です。
2つ目は入浴後のやり取りの場合です。
2つ目の場面は完全に私の陰性感情がだだ漏れで権力争いになっているので、
代替え案が出せないのでゴミ箱にポイとなりました。

1つ目のエピソードで出せる代替え案として次のようなものをいただきました。
「感情的にならないために、その場を離れる時は理由を伝える、白衣のことで落ち着きたいからお風呂に入って来るね」など。
(無視して去られると、子どもが見捨てられた気持ちになるから)

そして、この後、出来ることがあるとすれば「あなたに任せすぎたわ、皆の物をどう扱うかは家族の問題だよね。
お母さんにも手伝わせて」と息子に話す。
このアドバイスを胸に家に帰りました。
家族で夕食をとっている時に私から話かけました。

◆私 :「今日、白衣がなくて次の人どうだった?」
◇息子:「知らない」
◆私 :「予備とかあるの?」
◇息子:「さぁ~」
◆私 :「やっぱり白衣は皆の物だから月曜日に持って行った方が良いと思うんだ。任せ過ぎてごめんね」
◇息子:「はぁ~ん!」本当にさっ!という顔(どや顔)で私を見る
◆私 :「お母さんにも手伝わせてくれない?」
◇息子:「うん」
◆私 :「後で一緒に洗おう」
◇息子:「うん」
 
 私が謝った時、前日の悔しさを吐き出すようにオーバーな態度だった息子が、その後、みるみる穏やかになっていきました。
 食後はなぜか白衣を洗濯機ではなく手洗いすることになり、
2人で楽しく洗い上げることが出来ました。
翌日、忘れずに持って行くためにはどこに干すと良いか、
白衣の洗い忘れを防ぐために他の家族も声かけで防ごうなど家族で協力していくことが決まりました。

 今回、課題の分離をし過ぎて、息子の勇気くじきをしてしまいました。
私自身、こんな失敗を繰り返しながらも対応策を学んで成長させてもらっているのだなと感じます。
皆さん、いつもアドバイスをありがとうございます。

♪♪♪♪
ねこ母さん、ありがとうございます。
親も子どもも成長するパセージのお申込みは
passage_08@yahoo.co.jpまでどうぞ。
こちらもごらんください。




別窓 | 育児日記 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

七飯パセージ(秋コース)開催のお知らせ

みなさん
こんにちは。

11月から七飯パセージの開催のお知らせです。
今回は本来の形での8週間コースの開催になっております。
学びの秋をご一緒しませんか。
お申込みお待ちしています。

七飯パセージチラシ完成-1七飯パセージチラシ完成-2

(ちらしはこちらでダウンロードできます)

【パセージ七飯】
パセージはまったく新しい親子関係学習プログラムです。
あたたかい雰囲気の中で、体験を通じて、本当に信じあい、愛しあう親子のあり方を
身につけていただけます。子どもを叱らないで、勇気づけながら育てるにはどうすれば
よいか。どういう点に工夫すれば自立した、しかも社会と調和できる子どもを育てることが
できるかについて、アドラー心理学にもとづく科学的でハートフルな育児法をご紹介します。

これまでの子育ては「ほめる」ことと「しかる」ことを主な方法にしていました。 
最近は「しかる」方は批判されて「ほめて育てる」というのも流行っています。
けれど、『パセージ』で提案している育児は「ほめない、しからない」育児です。
それでほんとうに育児ができるのか不安に思われるかもしれませんが、日本中、いえ世界中で、この方法で子育てをして、とてもうまくいっています。 キーワードは「一緒に育つ」です。
「親が子どもを育てる」という関係から「親子で話し合って一緒に育っていく」という関係に
気持ちを変えると、ほんとうにびっくりするくらい親子が仲良くなり、しかも子どもは自立し、社会と調和して生きる人に育っていきます。ぜひ『パセージ』に参加されて、
しあわせな親子関係を築いてください。    パセージ開発者 野田俊作

【プログラムと日程】 午後2時半から午後5時まで 毎週土曜日 全8回
2017年
11月 4日 (土) 第1章 子育ての目標
11月 11日 (土) 第2章 賞罰のない育児
11月 18日 (土) 第3章 課題の分離
11月 25日 (土) 第4章 共同の課題
12月 2日 (土) 第5章 目標の一致
12月 9日 (土) 第6章 体験を通じて学ぶ
12月 16日 (土) 第7章 新しい家族
2018年 1月 6日 (土) 第8章 積極的に援助する  (年明けになります)
【リーダー】 佐々木素子 (日本アドラー心理学会認定 家族コンサルタント)
【会  場】 はるこどもクリニック 2階 療育指導室 (亀田郡七飯町本町6丁目7-42)
【定  員】 14名
【受 講 料】 22.000円+テキスト代2.000円 合計24,000円     
【お申し込み・お問い合わせ先】 七飯アドラー心理学研究会

メール passage_08@yahoo.co.jp
F A X 0138-65-0508
T E L 0138-65-0500(はるこどもクリニック内)
メール、FAXにて、以下の内容を明記の上、お申し込みください。
【件名】「パセージ七飯申込み」
【内容】 ①お名前(ふりがな)
②郵便番号と住所 
③電話番号
④メールアドレス
⑤お子さまの年齢、もしくは参加される方の職業

・参加費は当日お支払いいただきます。
・定員になり次第締め切ります。申込みが7名以下の場合は延期します。
・見学・再受講・単発参加についてはお問い合わせください。
・いただいた連絡先は、講座等の案内以外には使用いたしません。
・申込み多数の場合は、0歳から中学生までのお子さまをお持ちの方、あるいは子どもに関わる
お仕事をなさっている方が優先されます。
・託児はありません。ご家族のご協力やご自身で託児のご手配を願います。
ただし、寝んねのお子様や2時間半を静かに過ごせるお子様は同じお部屋に入れます。
お申込みお待ちしています♪  
主催:七飯アドラー心理学研究会




別窓 | 講座 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 七飯アドラー心理学研究会 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。