FC2ブログ

七飯アドラー心理学研究会

東北地方会に参加して

リンゴママです。

私は平成30年12月2日(日)岩手県盛岡市のアイーナで行われた「日本アドラー心理学会 第一回東北地方会」に参加しました。
パセージを学び始めて3年が経ちました。自助会に参加するうちに、よその地方区にも興味が湧き始めました。そんな時、12月に盛岡で記念すべき第一回東北地方会が開催されると聞き、素直に「参加したい!」と思いました。せっかく盛岡に行くのなら、家族で楽しもうと思い、家族会議を開き、1泊2日の家族旅行も実現しました。

午前の部は、東北地方区の各自助グループの紹介と「東北でアドラー心理学を広めるには?」をテーマにグループで話し合いました。最初に東北地方区10のグループがパワーポイントやポスター、対談形式、紙芝居等でグループ紹介をしました。どのグループもとても興味深く「いつか私も参加してみたいなぁ。」と思いました。

次に「東北でアドラー心理学を広めるためには?」を話し合いました。私のグループでは先ず「あなたはどうやってアドラー心理学に出会いましたか?」という質問から始まりました。結果的に「安心・信頼している方の紹介」が一番多かったです。思い起こせば、私も信頼出来る友人のお姉さんに誘われたのがきっかけだったので、これに当てはまるのかなぁと思いました。その他、どうしたら自助グループに残ってくれるのか・どうしたら学会員になってくれるか等も話し合いました。東北の方々は、メンバーを集める為、そして継続学習する方を増やす為に悩まれている方がいらっしゃいました。私は今悩まずとも、アドラー心理学を学び続ける事が出来るのは、普段参加している自助会を運営してくださる方々がいる事に改めて気付き、幸せで有難いと思いました。これからは私も会に少しでも貢献したいと思いました。

午後の部は、「ブレークスルー・クエスチョンズを用いた事例検討ワーク~ワークシートを使って」でした。実は、数日前から息子の困った行動があったので、思い切ってその事例を出させて貰いました。そこで①息子と私の適切な側面を沢山出して頂き、②私がこの事例から息子に学んで貰いたい事が明確になり、③その為にどんな工夫が出来るか、テキストから代替案を探し出して貰う事が出来ました。そして代替案の一つとして、パセージテキスト「37-L不必要な介入を避けよう」の「1.年齢が進むと消える不適切な行動には介入しない」の5行目「あわててやめさせようとしなくてもいい」行動ではないかという案も出ました。ブレークスルー・クエスチョンズを使って丁寧に事例検討をすると、霧が晴れたように心もスッキリする感じを体験する事が出来、とても勇気づけられ、自分が笑顔になっていくのが分かりました。

帰宅後翌日、早速代替案を使って、私が不適切だと感じた事例について息子と話し合いました。そして横の関係に立ち、丁寧にお願い口調を使い、理性的に頼むと「はい、これからはそうします。」と丁寧な言葉で返事が返って来ました。そしてその日から私が不適切だと思っていた行動はなんとピタリと止まりました。この事例を通して、横の関係でいる事の大切さ、子どもの話を聴く事の大事さ、そして自分の「構え」をいつも点検する大切さを実感しました。

今回、初めての他地方会に参加し、終始緊張していました。しかし、色々な場面で沢山の方が勇気づけてくださいました。最後には、初対面の私に勇気づけカードをプレゼントしてくださった方もいて、1日通して同じグループだった素敵な先輩アドレリアンが「お会いした事はないけれど、きっとKさん(息子)は大丈夫よ。」と仰った言葉が忘れられません。私もそんな素敵なアドレリアンになりたいなぁと思いました。

参加者の中には、自主的に参加した小学校2年生の男の子もいて、私もいつか息子と参加出来たら良いなぁと思いました。その為に、パセージテキスト31-L「まず自分が変わる」を念頭に置き、仲間と共にこれからも実践を続けて行きたいと改めて思いました。

東北地方会に参加された皆様、本当にありがとうございました。
スポンサーサイト




別窓 | その他 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<アドラーキャラバン札幌の陣 | 七飯アドラー心理学研究会 | アドラーキャラバン上ノ国の陣>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 七飯アドラー心理学研究会 |