FC2ブログ

七飯アドラー心理学研究会

5月のパセージフォローの会の報告

5月のパセージフォロー会の感想をいただきました。
ありがとうございます。

★★★★

今回のパセージフォローは、小1の息子と朝出掛ける前のエピソードでした。
その日はパセージに夫婦で参加する為、朝8時30分には家族3人で家を出発する事を事前に伝えてありました。
しかし準備が出来ておらず、時刻は8時30分になりました。

息子「あー!8時半だ!置いて行かれる!パジャマだし、歯磨きもしてないし!」
夫「待っててあげるから、歯磨きしなさい。」
私「・・・。」
息子「じゃあ、大人が仕上げ磨きして!」
私「いつも通り自分磨きして下さい。」
歯ブラシとキッチンタイマーを取りに行き、2分間歯磨きする息子。
息子「仕上げ磨きして下さい。」と私に言う。
私「はい。」と言って数秒仕上げ磨きする。(通常は50数える)
私「はい、終わり。」と歯ブラシを息子に渡す。

そこで、メンバーさんから息子の「適切な側面」を沢山教えて頂きました。
1、 時短の工夫ができる。
2、 時計が読める。
3、 自分の気持ちを言えた。
4、 気持ちの切り替えが出来る。
5、 スイッチが入ると早い。
6、 素直。
7、 権力争いになっていない。

いつもメンバーさんから教えられるのは息子の素直さ、切り替えの早さ、賢さでした。
私はこのエピソードから息子には「時間を守る事」を学んで欲しかった訳ですが、失敗した息子を勇気づける事が出来ていない事に気付きました。

そして、「8時30分に出発しないと遅刻する事を覚えていてくれてありがとう。」と伝える事もメンバーさんから教わりました。

また、息子には次からはどうすれば時間を守れるか聞いた所、「早く(準備)する。」と言ってくれましたが、具体的に本人はどんな工夫が出来て、親はどんな協力が出来たかを聞くと次に繋がる事も分かりました。

私の場合、息子が失敗した時、感情的になってしまうというパターンを発見する事が出来ました。
まず、その自分の失敗に「気付く」事。そして「気付き」を見届ける時間が必要な事。
その繰り返しで自分の行動が変わると知りました。

その為にも私はパセージテキスト12-L「失敗した場合も勇気づけよう」をトイレに貼り、毎日確認作業をしています。

★★★★

次回のパセージフォロー会は、
7月23日(土)14:00からです。
持ち物:エピソード、テキスト

みなさまにおあいできること楽しみにしております。
スポンサーサイト




別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<6月のパセージフォローアップの報告 | 七飯アドラー心理学研究会 | 「ねこ母さんの育児日記」その3【家族会議2:GWのBBQについて】>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 七飯アドラー心理学研究会 |