FC2ブログ

七飯アドラー心理学研究会

ねこ母さんのアドラー育児日記その4<家族会議3>

<家族会議③>

こんにちは、ねこ母さんです。

先日、第3回目の家族会議が開かれました。
今回の議題は毎年恒例のお花見についてです。

前回の反省点 テキスト32-L「1.期日を決めて会議する」に沿って、
会議の開催日時は家族の同意を得てから開催してみようと思いました。
夕食を取りながら会議の開催提案をしてみました。

 すると、9歳の息子が言いました。
「え~、今日会議出なくても良い?早くお風呂に入りたいんだよね」、
昨日からお友達のお宅にお泊まりに行った息子。
めいいっぱい楽しんだので疲れているとのこと。

そうだそうだ!テキストに書いてあったはず。

32-L「4.家族全員の会議には全員が参加すること」の中に

「どうしても参加できない場合には委任状を出してもらいましょう。
そして、たとえ参加しなくても、会議で決まったことには従ってもらうことを約束してもらいましょう」

とありました。

 「そうか、たくさん遊んで疲れてるんだね、じゃあ、『委任状』って言うのを書いてもらってもいい?決まった通りで良いですって紙に書くの」、
「え~書くのめんどくさい」
そうか、めんどうか・・・。
そうだ。
委任状を書かせるのが目的じゃなくて、
「決まった通りで良いです」に従ってもらえればいいのだから、
「『委任』って言って、『決まった通りで良いです』ってことで大丈夫?」
「うん、良いよ」

 息子の入浴中、他の家族と花見について会議をしました。
出発時間や、持ち物の担当などを決めました。
入浴後、息子が話しかけて来ました「ねえ、お母さん、決まったこと教えて」、
「明日は早いけど6:45出発だよ。
お茶とコップと膝かけの準備はお母さんがします。
シートはおじいちゃんが用意してくれるよ。
行く時にコンビニに寄って食べ物とかを買います。」と伝えました。
息子も納得していました。

 「ねえ、お母さん、決まったこと教えて」って話しかけられた時、とても嬉しい気持ちになりました。
今回、息子は会議の場に居ませんでしたが、
『委任』のシステムがあることで、全員が参加したかのような効果がありました。

 テキストに書いてあることは試してみるものだなぁと実感しました♪
他にも沢山のアイディアが書かれています。
またテキストを読んで会議をしてみようと思います。

 今回の会議での家族の適切な側面を書いておこうと思います。
●自分の体調管理が出来る。
●自分の意見を相手に伝えることが出来る。
●他の家族を信頼している。
●進んで意見を出すことが出来る。
●家族のために仕事を引き受けることが出来る。
●決まったことに従うことが出来る。

♪ねこ母さんでした♪
スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<タイトルなし | 七飯アドラー心理学研究会 | 新連載「りんごママのアドラー育児日記」その1【お寝坊事件】>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 七飯アドラー心理学研究会 |