七飯アドラー心理学研究会

ねこ母さんのアドラー育児日記その12【失敗談3:「白衣事件NO1】

こんにちは、ねこ母さんです。
先日、学校給食の白衣のことで息子の勇気くじきをしてしまいました。
息子は小学校3年生9歳です。
その日は日曜日で夜の9:00をまわっていました。
時間割を調べようとランドセルを開いた息子が「あ!」と驚いた声をあげていました。
ランドセルの中には給食の白衣が入っていました。
1週間使った白衣は翌週の月曜日に洗って学校に持っていかなくてはいけません。
本当であれば金曜日か土曜日のうちに洗濯に出してもらわないと間に合わないのです。
 私も見てはいけないものを見てしまった気がして「あ!」と思いましたが、感情的になるのが嫌だったのでお風呂に入ることにしました。

◇息子:「あ!」チラっと私を見る
◆私 :「お母さん、お風呂に入って来るね」入浴後、髪を乾かしていた。
◇息子:「ねぇ~お母さん、今日も川に行って来たよ。基地にトイレ作ってるんだ。石を積んで川から粘土取って来て周りにつけるの。トイレって陶器でしょ」
◆私 :「へぇ~シャベル持って粘土取りに行ったの?」
◇息子:「そう」
◆私 :「すごい、いいアイディアだね」

しばらく今日の楽しい出来事を話していたが、白衣の洗濯はどうしたものかと悩んでいました。
学校にまつわる学業全般は子供の課題だと考えていたので、子供が自分でなんとか出来るようにしてもらいたいと考えました
。しかし、ちょうど、学級便りに「白衣の洗濯のご協力をお願いします」と書かれていたので、白衣の話をすることにしました。

◆私 :「ねぇ、白衣の洗濯お願いしますってお便りに書いてるよ、前にも同じことがあったから、洗ってみてごらん。お母さんに出来ることがあれば言ってね」
◇息子:「お母さん洗って」
◆私 :「洗濯機の使い方は知ってると思うよ、やってごらん」
◇息子:「やだ、洗わない」
◆私 :「次の人が困るんじゃない?」
◇息子:「明日やる」
◆私 :「明日の朝じゃ間に合わないよ」
◇息子:「面倒くさい」
◆私 :「あなたに任せます。お母さんは寝ます。おやすみなさい。」

その後、寝室でも少し話をしましたが、どうしても今日は洗わない。
しまいには「はぁ、もうクリスマスプレゼントも要らないや・・・プレゼントが来ても使わない・・・」とかなり勇気をくじかれた様子。
翌日の月曜日も白衣は同じ場所に残されたままでした。
月曜日の朝は白衣のことには触れず、息子を学校に送り出しました。

 学業は子どもの課題として子どもに任せましたが、私のこの対応では「お母さんは仲間だ」「自分には能力がある」とは思ってもらえませんでした。
その後、先輩アドレリアンから衝撃のアドバイスを頂きました。
その様子は「白衣事件NO2」にてご報告します。
スポンサーサイト

別窓 | 育児日記 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 七飯アドラー心理学研究会 | 8月パセージフォローアップの会の感想>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 七飯アドラー心理学研究会 |