FC2ブログ

七飯アドラー心理学研究会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

地方会午後の部

日本アドラー心理学会北海道地方会の午後の部。全体のテーマは「やってみようアドラー心理学」。午後の部はシンポジウム「家族会議への道」。自助グループのメンバーが、家族会議に取り組んだ実践をまとめて発表してくれた。

まずは、2ヶ月間の家族会議の実践の発表。まさに、山あり谷ありの実践報告であった。また家族による取り組みの色の違いも面白かった。
地方会1 地方会2

家族会議の取り組んだときのさまざまな資料をポスターにして展示。家族会議のノートや課題シート、家族で作ったロゴなどが展示され、手にとって見ることができる。口頭発表とあわせて、立体的な報告になった。
地方会3 地方会4

後半、シンポジスト同士、フロアとシンポジストの間で質疑応答や感想を出し合って、議論を深めた。最後に記念撮影、みんなでハイチーズ。
地方会5 地方会集合


終わってから、来年度に向けての打ち合わせ、そしておまけのお楽しみ会。自助グループのメンバーの一人が誕生日を迎えたので、地方会の打ち上げをかねてお祝いのケーキをいただく。
地方会7 地方会8

家族会議は、アドラー育児のひとつの大きなテーマ。地方会での発表を機会に、各シンポジストの家庭で、会議をはじめたリ、再開させたり。実際にやってみて、うまくいかなかったこと、あるいはうまくいったことを、それぞれの自助グループに持ち込んで話し合う。そこで工夫やテーマをもらって、また家族会議をする。その結果をまた自助グループで話し合うというループで実践が進んだ。

それぞれの家族で、家族会議が定着し、家族同士で勇気づけのコミュニケーションが生まれていくのを目の当たりに見ることができた。また、壇上に座ったシンポジストだけではなくて、自助グループでの議論を通して、地方会全体で作り上げた発表になったように思う。

遠く関西から地方会に参加するために来てくれた方々もいて、わきあいあいと、そして、中身の濃い地方会にすることができた。来年度も、よく遊び、よく学びをモットーに楽しく実践を進めることができるといいなと思う。

別窓 | 報告 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

地方会午前の部

日本アドラー心理学会北海道地方会の一般公開行事「雪遊びの会」を行った(2/18のこと)。今年ははるまち館との共催行事となった。

ありがたいことに、吹雪の予想を大きく裏切って、快晴の天気となった。参加者が三々五々集まってくる。例年にない大雪のせいで、きねずみ緑地が使えず、はるこどもクリニックの第2駐車場で行うことにした。駐車場の除雪で出来上がった雪の壁に囲まれ、隔離された空間が現出、雪遊びをするには恰好の場所になった。
雪遊び1

はじまりはじまり。司会は、山から下りてきたぐりとぐら(という設定)。遠目には見えづらいけど耳がかわいい。
雪遊び2 雪遊び3

まずは、じゃんけん列車でスタート。二つのチームに分ける。それぞれ、自分たちのチームに名前を付ける。
雪遊び4 雪遊び105

1種目めは、じゃんけん陣地とり。各チームから一人ずつ出て行って、相手に出会ったらじゃんけん。勝ったら進む、負けたら交代。相手の陣地に進んで、旗を取ったほうが勝ち。
雪遊び5 雪遊び125

2種目めは、雪玉重さ当て。家族でチームになって、勘だけで150gの雪だまをつくる。150gに近い順に点数をもらう。
雪遊び6 雪遊び7

雪遊び8 雪遊び9

雪遊び10 雪遊び11

さて、計測。意外に難しい。
雪遊び12

3種目は、雪玉リレー。おたまに雪玉を載せて、それをバトンにしてリレー。
雪遊び13 雪遊び14

雪遊び15 雪遊び16

最終種目は、勝敗抜きの「エキジビション」。みんなで手つなぎ鬼。鬼にタッチされたら手をつないで一緒に追いかける。4人になったら2人ずつに分裂。ただし、鬼がタッチするのは雪玉。雪玉でタッチするから、雪づけ→勇気づけ。これがアドラー心理学の遊び方♪
雪遊び17 雪遊び18

点数集計!やったー、優勝と準優勝!!
雪遊び19

メダル授与!
まずは、準優勝チームの銀メダル。全員にあたるよ。
雪遊び20

優勝チームには、もちろん金メダル。メダルは手づくり、家に帰ったら自分で装飾してマイメダルにしてね!
雪遊び21 雪遊び22

雪遊び23 雪遊び24

雪遊び25

そして、シェアリングタイム。今回のテーマは「協力を学ぶ」。遊びの中にも学びがある。どんな風に協力したのか、どこが良かったか、次回はどんなふうにくふうするかなどを家族で話し合って、まとめてもらって、発表する。
雪遊び26

続いて、はるまち館に移動して、ほっこりタイム。はるまちキッチンお手製の豚汁と甘酒。希望者には、しおおむすびもあるよ
雪遊び27 雪遊び28

雪遊び31 雪遊び29

雪遊び30 雪遊び32

やっぱり、おいしいものは心が安らぐね。

別窓 | 報告 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

11月パセージ開催決定しています!

みなさん
こんにちは。

11月からの七飯パセージは開催決定しています。
定員まで少し余裕があります。
よろしければ、お問合せお待ちしております。

七飯パセージチラシ完成-1 七飯パセージチラシ完成-2

(ちらしはこちらでダウンロードできます)

【パセージ七飯】
パセージはまったく新しい親子関係学習プログラムです。
あたたかい雰囲気の中で、体験を通じて、本当に信じあい、愛しあう親子のあり方を
身につけていただけます。子どもを叱らないで、勇気づけながら育てるにはどうすれば
よいか。どういう点に工夫すれば自立した、しかも社会と調和できる子どもを育てることが
できるかについて、アドラー心理学にもとづく科学的でハートフルな育児法をご紹介します。

これまでの子育ては「ほめる」ことと「しかる」ことを主な方法にしていました。 
最近は「しかる」方は批判されて「ほめて育てる」というのも流行っています。
けれど、『パセージ』で提案している育児は「ほめない、しからない」育児です。
それでほんとうに育児ができるのか不安に思われるかもしれませんが、日本中、いえ世界中で、この方法で子育てをして、とてもうまくいっています。 キーワードは「一緒に育つ」です。
「親が子どもを育てる」という関係から「親子で話し合って一緒に育っていく」という関係に
気持ちを変えると、ほんとうにびっくりするくらい親子が仲良くなり、しかも子どもは自立し、社会と調和して生きる人に育っていきます。ぜひ『パセージ』に参加されて、
しあわせな親子関係を築いてください。    パセージ開発者 野田俊作

【プログラムと日程】 午後2時半から午後5時まで 毎週土曜日 全8回
2017年
11月 4日 (土) 第1章 子育ての目標
11月 11日 (土) 第2章 賞罰のない育児
11月 18日 (土) 第3章 課題の分離
11月 25日 (土) 第4章 共同の課題
12月 2日 (土) 第5章 目標の一致
12月 9日 (土) 第6章 体験を通じて学ぶ
12月 16日 (土) 第7章 新しい家族
2018年 1月 6日 (土) 第8章 積極的に援助する  (年明けになります)
【リーダー】 佐々木素子 (日本アドラー心理学会認定 家族コンサルタント)
【会  場】 はるこどもクリニック 2階 療育指導室 (亀田郡七飯町本町6丁目7-42)
【定  員】 14名
【受 講 料】 22.000円+テキスト代2.000円 合計24,000円     
【お申し込み・お問い合わせ先】 七飯アドラー心理学研究会

メール passage_08@yahoo.co.jp
F A X 0138-65-0508
T E L 0138-65-0500(はるこどもクリニック内)
メール、FAXにて、以下の内容を明記の上、お申し込みください。
【件名】「パセージ七飯申込み」
【内容】 ①お名前(ふりがな)
②郵便番号と住所 
③電話番号
④メールアドレス
⑤お子さまの年齢、もしくは参加される方の職業

・参加費は当日お支払いいただきます。
・定員になり次第締め切ります。申込みが7名以下の場合は延期します。
・見学・再受講・単発参加についてはお問い合わせください。
・いただいた連絡先は、講座等の案内以外には使用いたしません。
・申込み多数の場合は、0歳から中学生までのお子さまをお持ちの方、あるいは子どもに関わる
お仕事をなさっている方が優先されます。
・託児はありません。ご家族のご協力やご自身で託児のご手配を願います。
ただし、寝んねのお子様や2時間半を静かに過ごせるお子様は同じお部屋に入れます。
お申込みお待ちしています♪  
主催:七飯アドラー心理学研究会


別窓 | 講座 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ねこ母さんのアドラー育児日記その13【失敗談3:「白衣事件NO2】

こんにちは、ねこ母さんです。
先日、学校給食の白衣のことで息子の勇気くじきをしてしまったエピソードを先輩アドレリアンに相談したところ、
衝撃のアドバイスを頂きました。
「白衣は皆が使うもの。
公共の物をどう扱うかを考えるのは子どもの課題ではなく、
家族に課せられた課題なのでは?」ということでした。
学校にまつわること(学業と考えて)は全て子どもの課題だとフォローアップで学んだ後だったので、
白衣も学校にまつわるものとして考えてしまっていました。
しかし、よく考えると、白衣は皆の物ですね。
そうか・・・白衣をどうするかは家族の課題として考えなければいけなくなりました。
さぁどうしたら良いものでしょう・・・。

まず、前回のエピソードには2つの場面がありました
。1つ目はランドセルから白衣を発見した場面です。
2つ目は入浴後のやり取りの場合です。
2つ目の場面は完全に私の陰性感情がだだ漏れで権力争いになっているので、
代替え案が出せないのでゴミ箱にポイとなりました。

1つ目のエピソードで出せる代替え案として次のようなものをいただきました。
「感情的にならないために、その場を離れる時は理由を伝える、白衣のことで落ち着きたいからお風呂に入って来るね」など。
(無視して去られると、子どもが見捨てられた気持ちになるから)

そして、この後、出来ることがあるとすれば「あなたに任せすぎたわ、皆の物をどう扱うかは家族の問題だよね。
お母さんにも手伝わせて」と息子に話す。
このアドバイスを胸に家に帰りました。
家族で夕食をとっている時に私から話かけました。

◆私 :「今日、白衣がなくて次の人どうだった?」
◇息子:「知らない」
◆私 :「予備とかあるの?」
◇息子:「さぁ~」
◆私 :「やっぱり白衣は皆の物だから月曜日に持って行った方が良いと思うんだ。任せ過ぎてごめんね」
◇息子:「はぁ~ん!」本当にさっ!という顔(どや顔)で私を見る
◆私 :「お母さんにも手伝わせてくれない?」
◇息子:「うん」
◆私 :「後で一緒に洗おう」
◇息子:「うん」
 
 私が謝った時、前日の悔しさを吐き出すようにオーバーな態度だった息子が、その後、みるみる穏やかになっていきました。
 食後はなぜか白衣を洗濯機ではなく手洗いすることになり、
2人で楽しく洗い上げることが出来ました。
翌日、忘れずに持って行くためにはどこに干すと良いか、
白衣の洗い忘れを防ぐために他の家族も声かけで防ごうなど家族で協力していくことが決まりました。

 今回、課題の分離をし過ぎて、息子の勇気くじきをしてしまいました。
私自身、こんな失敗を繰り返しながらも対応策を学んで成長させてもらっているのだなと感じます。
皆さん、いつもアドバイスをありがとうございます。

♪♪♪♪
ねこ母さん、ありがとうございます。
親も子どもも成長するパセージのお申込みは
passage_08@yahoo.co.jpまでどうぞ。
こちらもごらんください。




別窓 | 育児日記 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

七飯パセージ(秋コース)開催のお知らせ

みなさん
こんにちは。

11月から七飯パセージの開催のお知らせです。
今回は本来の形での8週間コースの開催になっております。
学びの秋をご一緒しませんか。
お申込みお待ちしています。

七飯パセージチラシ完成-1七飯パセージチラシ完成-2

(ちらしはこちらでダウンロードできます)

【パセージ七飯】
パセージはまったく新しい親子関係学習プログラムです。
あたたかい雰囲気の中で、体験を通じて、本当に信じあい、愛しあう親子のあり方を
身につけていただけます。子どもを叱らないで、勇気づけながら育てるにはどうすれば
よいか。どういう点に工夫すれば自立した、しかも社会と調和できる子どもを育てることが
できるかについて、アドラー心理学にもとづく科学的でハートフルな育児法をご紹介します。

これまでの子育ては「ほめる」ことと「しかる」ことを主な方法にしていました。 
最近は「しかる」方は批判されて「ほめて育てる」というのも流行っています。
けれど、『パセージ』で提案している育児は「ほめない、しからない」育児です。
それでほんとうに育児ができるのか不安に思われるかもしれませんが、日本中、いえ世界中で、この方法で子育てをして、とてもうまくいっています。 キーワードは「一緒に育つ」です。
「親が子どもを育てる」という関係から「親子で話し合って一緒に育っていく」という関係に
気持ちを変えると、ほんとうにびっくりするくらい親子が仲良くなり、しかも子どもは自立し、社会と調和して生きる人に育っていきます。ぜひ『パセージ』に参加されて、
しあわせな親子関係を築いてください。    パセージ開発者 野田俊作

【プログラムと日程】 午後2時半から午後5時まで 毎週土曜日 全8回
2017年
11月 4日 (土) 第1章 子育ての目標
11月 11日 (土) 第2章 賞罰のない育児
11月 18日 (土) 第3章 課題の分離
11月 25日 (土) 第4章 共同の課題
12月 2日 (土) 第5章 目標の一致
12月 9日 (土) 第6章 体験を通じて学ぶ
12月 16日 (土) 第7章 新しい家族
2018年 1月 6日 (土) 第8章 積極的に援助する  (年明けになります)
【リーダー】 佐々木素子 (日本アドラー心理学会認定 家族コンサルタント)
【会  場】 はるこどもクリニック 2階 療育指導室 (亀田郡七飯町本町6丁目7-42)
【定  員】 14名
【受 講 料】 22.000円+テキスト代2.000円 合計24,000円     
【お申し込み・お問い合わせ先】 七飯アドラー心理学研究会

メール passage_08@yahoo.co.jp
F A X 0138-65-0508
T E L 0138-65-0500(はるこどもクリニック内)
メール、FAXにて、以下の内容を明記の上、お申し込みください。
【件名】「パセージ七飯申込み」
【内容】 ①お名前(ふりがな)
②郵便番号と住所 
③電話番号
④メールアドレス
⑤お子さまの年齢、もしくは参加される方の職業

・参加費は当日お支払いいただきます。
・定員になり次第締め切ります。申込みが7名以下の場合は延期します。
・見学・再受講・単発参加についてはお問い合わせください。
・いただいた連絡先は、講座等の案内以外には使用いたしません。
・申込み多数の場合は、0歳から中学生までのお子さまをお持ちの方、あるいは子どもに関わる
お仕事をなさっている方が優先されます。
・託児はありません。ご家族のご協力やご自身で託児のご手配を願います。
ただし、寝んねのお子様や2時間半を静かに過ごせるお子様は同じお部屋に入れます。
お申込みお待ちしています♪  
主催:七飯アドラー心理学研究会




別窓 | 講座 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
BACK | 七飯アドラー心理学研究会 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。